歯科治療における表面麻酔の現状

###Site Name###

虫歯治療などの歯科治療を行う場合、局所麻酔を行う場合があります。
このときに、針を刺すのですが、その痛みを防ぐために、表面麻酔という手法があります。


これは、局所麻酔を行う周辺の歯肉に麻酔薬を塗ることによるという手法です。

歯肉に塗られた薬は、皮膚から吸収されていき、歯肉から浅いところでは麻酔がすでにかかっている状態になります。


麻酔状態になっているところに注射針を刺しても痛くないというのが、この手法の理論です。

しかし、歯科業界において、本当に表面麻酔薬が効果を発揮しているか?という問題は非常に評価がわかれています。
非常に効果的であるという歯科医師から、基本的にまったく効果がなく気休め程度のものであるという医師もいます。

別の話では、使用する表面麻酔薬によっても効果に差がでるという説もあります。


結局のところ、よくわからないというのが現実です。


そもそも、人によって痛みの感じやすさも、表面麻酔薬のしみこみやすさや、効きやすさも異なるのです。

また、局所麻酔時の注射はすさまじく痛いですが、その痛みも一瞬であることや、命に関わる問題でもないことから、研究が進まないのも、はっきりしない理由であるといえるでしょう。

とはいえ、気休め程度でも効果がある可能性はあります。


場合によっては、まったく痛みを感じずに局所麻酔を打つことができる可能性もあるのです。
もし、痛いのが苦手であれば、表面麻酔薬を塗ってもらうよう、歯科医師に依頼してみると良いでしょう。

https://www.facebook.com/imlpant
http://www.fdanet.or.jp/
http://www18.ocn.ne.jp/~fjk/

町田の審美歯科の有益情報にあふれているサイトです。

シワ治療情報の差に驚きました。

銀座の歯医者情報を利用してみませんか?

フェイスリフトに出会えて満足です。

池袋の毛穴について詳しく書かれています。